「大きな木は枝だけ成長するわけではない」

この話は妄想です。
ネットつながりで、秋の紅葉画像を見せていただき、
ふと
春の桜の時書いたブログを思い出し 
書いてみました。

とある地方の学校では、
農家と共同で物を育てると言う実修を 行うので

稲をお米を育てるのです 
5月に田植え 今10月実りの秋で
黄金色のお米を刈り取りです。

それもひと通り終わり お寺の中庭で 休憩です

親、子供 先生 みんな楽しそうです
紅葉の景色が また綺麗で和みます

そんなとき  ひとりの男性が
お弁当がくるまれた新聞記事をみて
いいなぁ何十億だ

スポーツ選手の 給与です
こんなに稼ぐ子の親は幸せ者だと言いました。

子供に振り向いて 「おい頼むぞ」
それを聞いた周りから大爆笑が

そのとき 先生が 言われた言葉が
今日のひと言です、

こどもにはひとりひとりの、
持ち味(特技特徴長所)もっています。

ここの境内に咲く木も最初からこんなに
大きな木ではありませんでした 

でもみんなが心込めて見守ってきたから 

今このような綺麗な色をだし私たちを和みを返してくれています

子供たちもこれからさき 温かく見守り 続けていけば

末は大臣か スーパースターかなるでしょう大爆笑

私たちが 何かに向かって行動起こすでも
大地に埋めた種がほんのすこしの期間で
実なんてありえません

大地にしっかり 根(基本)を はっていなければ
風雨熱寒さ(外敵障害)に勝って美味しい実が実るのでしょう

ありさん  キリギリスならないで
名前の通り 少しづつすすもうねいつか花が咲くよ
inserted by FC2 system